デジタル万引き

読み方、または別称:でじたるまんびき

デジタル万引き(デジタルまんびき)とは、書籍や雑誌を購入せず書店やコンビニエンスストアなどで記事を撮影し、情報入手する行為のことである。万引きに見立てているため、造語となる。法的には、こういった行為を違法とする根拠は不明確となっている。

あたかも犯罪行為のような表現であるため、指摘を受け、日本雑誌協会は"誤解のある表現"として使用を自粛している。しかし、デジタル万引きのような行為は、著作権法第30条の私的複製に当たる。撮影行為自体は直ちに異常とはされないが、当該撮影画像をネットで流したり、複製して販売する行為は、著作権法違法となる。

デジタル万引きの作成は、2003年。日本雑誌協会(JMPA)と電気通信事業者協会(TCA)によってつけられた。日本雑誌協会は、雑誌各社を会員とする文部科学省所管の社会法人で、出版文化の高揚普及や出版倫理網領の高揚維持、雑誌に関する調査研究、立法機関、行政官庁、その他関係方面との連絡交渉などを主な活動としている。

電気通信事業者協会は、月に一度、携帯電話やPHSの純増数の統計を公開していることで知られている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る