デクリメント

読み方、または別称:でくりめんと

デクリメント(decrement)とは、コンピュータ用語で変数の値を1減らす演算を意味する。反対に、1増やす演算はインクリメント(increment)という。一般的には増加という意味を持っている。デクリメントもインクリメントも、ループや逐次アドレッシングで使用頻度が高く、プロセッサレベルで専用のインクリメント命令が用意されることが多い。

また、レジスタに数値を加算する際も、インクリメント命令を使えば通常2ワードのところを1ワードで済ませることができる。ただし、プロセッサによってはこの命令は加算命令よりもオペランドの種類が限られてしまう。

インクリメント・デクリメントは、さまざまな面で使用できる。例えば、高級言語では、C言語・C++・Java・JavaScriptなどでインクリメント演算子の「++」が用意されている。厳密に言うと、前置インクリメントと後置インクリメントの2種類の演算子があり、記号はすべて「++」だが、前者はオペランドの前に、後者は後に置く。

ネーミングで使用するには、C++・Notepad++のように、改良版を示すために「++」とつけることがある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る