ディレクティブ

読み方、または別称:でぃれくてぃぶ

ディレクティブ(Directive)とは、プログラミングのコマンドのような意味で使われる用語で、プログラミング言語の一部の構成要素を指す。この構成要素とは、コンパイラやアセンブラに処理方法を指示する記述などを指す。

アセンブリ言語では、対象プラットフォームに関する情報を指示するものや、セクションの境界を示すものなどがあり、よく"ALIGN"というディレクティブが使われるが、これは前途にもあるように、セクションでのワード境界を維持する必要なバイトを挿入するものである。

要するに、ソースコード上に書かれていながらも、生成されるコードが一対一の対応がないものを意味する。C言語においては、C++など単純なマクロプリプロセッサが代表的である。ソース上のプリプロセッサの指示の記述を「プリプロセッサディレクティブ」と呼び、#defineや#includeがそれにあたる。

他の高級言語でのディレクティブは、Adaではコンパイラディレクティブを"pragmas"と呼び、Turbo Pascalではsignificant commentsと呼ぶ。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る