ディファレンシャル

読み方、または別称:でぃふぁれんしゃる

ディファレンシャル(differential)とは、信号線を通じたデジタルデータの伝送方式の1つである。利用している2本の信号線のうち、どちらの電圧が高いかによって信号の「1」と「0」を表現する方式のことを指す。他に、ディファレンシャル方式、differential signalling、平衡接続(balanced line)とも呼ぶ。

ディファレンシャルにおいては、「+」を表す信号線と、「-」を表す信号線がある。この2本の信号線を比べて、「+」の信号線の電圧が「-」より高ければ「1」、逆に、「-」か「+」よりも高ければ「0」となる。

ディファレンシャルのメリットは、ノイズに強く、信号の減衰を比較的防ぐことがきることである。一方で、コストが高くなるという面もある。また、このようなディファレンシャルに対して、シングルエンドと呼ばれる方式も存在する。

これは、1本の信号線を利用しデータを伝送する方式のことである。シングルエンドは、コストが低くなる一方、減衰やノイズに弱くなっている。ディファレンシャルは、シングルエンドに比べると信号の誤りなども低いため、速い伝送速度が必要となる場合は、ディファレンシャルが用いられることが多い。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る