チェックディジット

読み方、または別称:ちぇっくでぃじっと

チェックディジット(check digit)とは、符号の入力誤りなどを検出したり、数列の捏造を防止するために、符号から一定の計算式によって1桁以上の数字を算出し、元の符号に付加する数値や記号のことである。CDまたはC/Dと省略して表記される。

チェックディジットでよく使用される方式は、それぞれの値に一定の規則に従った係数を乗じ、それの和を求めた上で定められた係数で割り、その余りを用いる方法で、この方式によってチェックディジットの変動から誤りを検出することができる。なお、符号や検査桁は数字に限らず、検査桁が文字の場合は、検査文字(check character) という。

チェックディジットは、利用者識別番号などをコンピュータに手で入力するときの入力ミスの検出のほかに、学校の学籍番号や金融機関の口座番号、ISBN(国際標準図書番号)、全国地方公共団体コード、バーコードなど、様々なものに利用されており、クレジットカードなどは複雑なチェックデジットを何十にも重ねることにより、番号の偽造を防いでいる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る