ダイナミックリンクライブラリ

読み方、または別称:だいなみっくりんくらいぶらり

ダイナミックリンクライブラリ(Dynamic Link Library、DLL)とは、動的リンクを使ったライブラリのことで、ソフトウェアの一種である。複数のプログラムから共通して使えるよう、さまざまな機能をプログラムと分離し実装している。

基本的にWindowsの用語だが、Unixなどでも使用されている。例えば、マウスカーソルが今画面のどこにあるかを調べる際に使う機能は、さまざまなプログラムから参照される可能性があり、その部分をモジュール化し、そのプログラムを使えるようにしたほうが良いということで、ダイナミックリンクライブラリとして実装することが多い。

実際はWindowsでは、拡張子が「.dll」のファイルとして提供されることが多く、Unix系OSでは/user/libや/libなどの下に拡張子「.so」のファイルとして実現されるが、バージョン差異の吸収を目的とし、拡張子「.so.バージョン番号」というファイルを実体として作成する。

そしてバージョン共通名の「.so」をその実体へのシンボリックリンクとして実現されることが多い。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る