タグ

読み方、または別称:たぐ

タグとは、コンピュータ上のファイルにつける目印のようなもので、整理したり、HTMLを組み立てたりする時に用いる。正式名称は「タギング(tagging)」だが、多くは"タグ"と呼称する。意味合い的には荷札や付箋の英単語だが、決まった特殊記法で文書に埋め込むタグも含まれる。

コンピュータ上のタグは、主にHTMLタグやXMLタグなどが挙げられるが、それぞれ「<>」でタグを囲んで使用する。どちらのタグもさまざまな用途があるが、素人でも使用することは難しくない。ただし、理解するまでに個人差があり、決して簡単というわけではない。

ちなみに、ウェブページを構築するCSSやJavaScriptなども、HTMLタグに含まれる。
一方XMLタグは、マークアップ言語を作成する際に使われる。HTMLタグに比べ一般的に使われることはあまりないが、オープン仕様になっている無償のものもある。

基本的にタグは、HTMLタグ・XMLタグはもちろんのこと、例えば必要としている情報を検索する際にも用いられる。分かりやすいのが、「タグクラウド」である。Web 2.0がその代表になり、必要になる単語のタグをクリックすれば、それに関する情報が表示される。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る