ソースコード

読み方、または別称:そーすこーど

ソースコード(Source code、ソースプログラム、原始プログラム)とは、人間がプログラミング言語を用いて記述したコンピュータプログラムの元となる一連の文字の羅列である。単にソースという場合も多く、コードやプログラムリストと呼ばれることもある。

プログラミング言語を用いて、コンピュータに作業をさせるための指示を書き上げることがプログラミングであり、テキストファイルであるソースコードは、プログラミング言語の言語仕様に従って、コンピュータに対する一連の指示が記述されている。ソースコードを記述する作業(過程)はコーディングと呼ばれる。

コンピュータのプロセッサはソースコードを直接解釈することができない。アセンブリ言語の場合は、このソースコードをアセンブラで機械語に変換する。コンパイラ言語の場合はコンパイラなどのソフトウェアによってオブジェクトコード(ネイティブコード)などのコンピュータの理解できる形式に変換され、実行される。

インタプリタ言語では、ソースプログラムをインタプリタが実行時に解釈し実行するので、コンパイルが不要である。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る