ソラリゼーション

読み方、または別称:そらりぜーしょん

ソラリゼーション(solarisation)とは、写真の現像時における現象の1つで、露光をある程度過多にすることで、モノクロ写真の白と黒が反転する。これらは意図的に行われるため、白黒が反転した作品をソラリゼーションと呼ぶ場合もある。

いくつかの説があるが、その中でもっとも知られているのは、マン・レイが写真を現像している際、助手の愛人リー・ミラーが誤って現像していた部屋のドアを開け、その結果生じたものをマン・レイが「失敗作」と考えず、1つの効果として評価したことから始まったと言われている。

ソラリゼーションはどの程度の露光で起こり得るのか分からないため、シュルレアリスムと近接性が存在する。ソラリゼーションの語源は、太陽の利用がプラズマとなっていることから、太陽や光源の影響や効果を指している。

偶然発見した効果などについては、(-sation)を語尾につけ、「政策」「目的」「施行」「帆法」が意味づけされる。前途の説から「ソラリゼーション(反転)」ととらえているが、コンピュータグラフィック技術が高度化した現代では、かなりの汎用性を持つことになっている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

ページトップへ戻る