ソフト電池

読み方、または別称:そふとでんち

ソフト電池(ソフトでんち)とは、パルティオソフトによるコピーガード・ライセンス管理製品群で、電池の概念をメタファーとしていることを特徴としている。コンピュータ用ソフトウェアなどの動作に必要となるライセンスファイルを、仮想的な電池として表現したものである。

また、同社のシステムの中でアプリケーションソフトウェアの使用を管理するためにも用いられている。ちなみに、ソフト電池システムとは、ソフト電池を用いたソフトウェアの稼働管理システム、またはライセンス管理システムのことをいう。

主な特徴としては、比較的平易な言葉で言い換えられているため親しみやすいということ、通常のアプリケーションを使う感覚で利用できること、サーバ側のソリューションも同時に提供しているため、中小ソフトウェアベンダーでも利用しやすいようになっていることである。

またバイナリファイルを直接暗号化する「ラッピング」手法を用いているのも、特徴の1つである。その為、簡易な方法で対応することが可能である。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る