ソフトウェア開発

読み方、または別称:そふとうぇあかいはつ

ソフトウェア開発とは、通常、コンピュータ・ソフトウェアの設計から製造までの作業をいうが、実際には企画から品質検査やユーザインタフェース・デザインまで様々な過程や、単にプログラムの設計・コーディングを指す場合も多い。

ソフトウェアの開発では、SEと営業が、顧客の要望を聞いてその内容をプランナに伝え、プランナが設計したものを忠実にプログラマがプログラミングを行い、デバッガがプログラムのミスをチェックしながら、プログラムの修正を行う。

そしてSEが全ての行程を終わったことを確認した上で顧客にソフトウェアを納品、営業が検収を行うといった作業の流れになるが、実際にはプログラマ自身がデバッガを兼ねていたり、プログラマ自身が設計などを行うこともあり、一様ではない。

なお、ソフトウェア開発においては保守と改良は初期の開発よりも長期にわたり、手間もかかる。また、保守作業の大部分は既存のソフトウェアに新たな機能を組み込むことであることから、別の新たな開発とみなされることが多い。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る