セマンティック・ウェブ

読み方、または別称:せまんてぃっくうぇぶ

セマンティック・ウェブとは、Webサイトが持つ意味を扱うことを可能とするツール群の開発によって、コンピュータ同士で処理を行わせ、利便性を向上させる技術のことである。W3Cの創始者であるティム・バーナーズ・リーによって提唱された。

現在のインターネット上のコンテンツの大部分はHTMLで記述されているが、HTMLでは文書構造を伝えることはできても、コンテンツが何を意味するのかといった詳細な情報を伝えることはできない。

セマンティック・ウェブはXMLによって記述した文書に情報を記述する際に必ずそれが何を意味するかをRDFやOWLを用いてタグを付け加えることで、複雑で精度の高い検索ができるようになる。

セマンティック・ウェブはWebページの記述言語のXMLやXML Schema、メタデータの記述言語のRDFやRDF Schema、データ記述言語のOWLなど数多くの標準やツールから構成されており、メタデータで使われる言葉の相互の関連などの構造を記述するOWLは、セマンティック・ウェブ技術の柱とされている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る