セマンティックウェブ

読み方、または別称:せまんてぃっくうぇぶ

セマンティックウェブ(Semantic Web)とは、World Wide Webの利便性を向上させることを目的としたプロジェクトのことで、ウェブページの意味を扱うことを可能とする標準や、ツール群の開発を行っている。提唱したのは、W3Cのティム・バーナーズ=リーである。

他に、セマンティックWeb、もしくはセマンティックウェブなどとも表示される。セマンティックウェブでは、データの交換の側面に加え、ウェブページを閲覧するという行為に意味の疎通を付け加えることを目標としている。

現在、World Wide Web上のコンテンツはHTMLで書かれており、これは文書構造を伝えることは可能である一方で、個々の単語の意味といった詳細な意味を伝えることは不可能である。そこで、セマンティックウェブでは、XMLで書かれた文書にRDF(Resource Description Framework)やOWL(Web ontology language)を使用し、データの意味を記述したタグを付け加え、文書の含む意味を形式化、コンピュータによる自動的な情報の収集や分析へのアプローチを可能とするものとしている。

なお、セマンティックウェブの構成は、XML、XML Schema、RDF、RDF Schema、OWLといった標準、及びツール群からなっている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る