セキュリティコード

読み方、または別称:せきゅりてぃこーど

セキュリティコードは、クレジットカード・デビットカードの不正使用防止のための特殊なコードで、例えばマスターカード、VISA、ディスカバーカードでは、カード背面の署名欄右上に3文字で印字されている。

セキュリティコードは、いくつかの種類がある。すなわち、CVC1,CVV1 は カードの磁気ストライプに記録された暗号で対面取引などに利用される。また、CVC2,CVV2 は 通常のセキュリティコードであり、インターネットやメール、電話、FAXを通す決済で、架空のカード使用を防止するため利用されている。

別のiCVV、動的CVVでは、非接触式カードがそのカード自体で電子的に作り出すコードを利用する。

セキュリティコードはカードに印刷された標準のカード番号とは異なり、標準のカード番号はその番号が正しいか否かを判断するLuhnアルゴリズムに通される。セキュリティコードはまた、カード会社がセキュリティ確保のために導入している3Dセキュアではない。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る