スペクトルデータベース

読み方、または別称:すぺくとるでーたべーす

スペクトルデータベースとは、化学データベースの1つで、分光法においては、既知試料のスペクトルをデータベースとして蓄え、未知試料のスペクトルから検索するシステムを備える。そうすることで、未知試料の同定ができ、インハウス型とオンライン型の2種類がある。

全社は、使用者が自身のコンピュータ上にデータベースを置き使用するもので、後者はデータベース提供者のコンピュータにアクセスし、使用するものである。オンライン型には、インターネットを経由して使えるものもある。

線スペクトルとなることが多い場合は、ピークの位置と強度のみをデータとし保存する。そうすれば、少ないデータ容量で十分な解析ができる。しかし、赤外分光法となると、スペクトルでは測定範囲の全点の強度を保存するフルスペクトルデータベースのほうが有用性が高くなる。

ちなみに、質量スペクトルとは、EI-MSの開裂パターンをピークデータとしたものが多く、赤外分光法は、フルスペクトルと検索用のピークデータを持つものが多い。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る