スペクトラム拡散

読み方、または別称:すぺくとらむかくさん

スペクトラム拡散(スペクトラムかくさん、spread spectrum)とは、通信の信号を本来よりも広い帯域に拡散し、通信する技術である。無線通信同様、多くも用いられ、「スペクトル拡散」や「周波数拡散」とも呼ばれている。代表的な方式は、周波数ホッピングと直接拡散。

いずれも、ノイズや干渉に強いという特徴を持っており、秘匿性に優れている。もともとは軍事無線のために技術開発が進み、CDMA方式の携帯電話や無線LAN、無線アクセスなどに用いられることが多い。電子デバイスのクロック発生に用いられる場合、クロック信号に対し意図的にジッターを加え、電波障害の原因となる特定周波数へのエネルギー集中を緩和、または妨害を軽減する。

スペクトラム拡散とは、単に通信方法ではなく、情報交換方法の一方式であるため、さまざまな分野に応用ができる。スペクトラム拡散の主な方式となる周波数ホッピングと直接拡散は、まず前者は周波数を一定規則に従って高速に切り替え、送受信機間で通信を行う。

一方後者は、送信データよりも遥かに広い帯域の信号を用いて送信データを乗算し、広い周波数にエネルギーを拡散してから通信する。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る