スプリッタ

読み方、または別称:すぷりった

スプリッタ(splitter)とは、公衆電話回線網を使ってADSL等のDSLによるデータ通信を行う際に、電話機のための信号と、インターネット通信のDSLモデムのための信号とに振り分ける分波器であると同時に、混合器の働きも持っている機器のこと。

電話機で通話するとき、電話回線は通話のための電気信号を電線で伝送するが、この信号はほぼ低周波である。しかし電話回線は、それ以上の高い周波数の信号も伝送する能力があり、ADSL等のDSLでは、この高周波帯域を使用してインターネット接続を実現している。

DSLに使用する周波数帯と、電話機による通話に使用する周波数帯とが重ならなければ、電話による通話とインターネット通信とがたがいに干渉することなく、同じ電線を使って同時に行うことができる。

スプリッタは、電話機やDSLモデムが正常に動作するように、電話線から電話機のための低周波信号のみを取り出して電話機に送り、同時にDSL通信のための高周波信号のみを取り出してDSLモデムに送る。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る