スパニングツリープロトコル

読み方、または別称:すぱにんぐつりーぷろとこる

スパニングツリープロトコル(spanning tree protocol/略称STP)とは、LANにおけるループ構成を避けるための通信プロトコル。LAN接続の一部を利用禁止とすることでスパニング木を構成し、ループ回路を持たせないようにすることで、LANのループ構成を回避する。IEEE 802.1Dによって定義・規格化されている。

ネットワークにおいてループ構成を構築してしまうと、ブロードキャストストームが発生し、CPUリソースを消費し、無駄なブロードキャストによって帯域が使われることによって、他の通信が帯域を使えなくなってしまうため、結果通信速度が遅くなる。また、自分が発信したパケットが他の場所から戻ってきてしまうためLANが正常に動作しなくなるばかりか、ネットワーク全体がダウンしてしまうこともある。

スパニングツリープロトコルは、ネットワーク利用者がLANケーブルの配線ミスなどによってループを構成してしまったときも、スイッチが自律的にループを解消してくれるため、LANの不正動作を防ぐことができる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る