ステルスマーケティング

読み方、または別称:すてするまーけてぃんぐ

ステルスマーケティング(stealth marketing)とは、消費者に宣伝していることが分からないよう宣伝することを指す。手法として、1.飲食店の口コミサイトで、良くない書き込みを削除し、良い書き込みを残すことでより好印象を持たせる、2.客観的な記事を装った広告や、第三者的な立場を偽り、企業や製品に対し高い評価を与えること、などを主とする。

要するに、「サクラ」や「やらせ」に似ているため、国によっては法的に規定されているところもある。日本においてのステルスマーケティングは、景品表示法上の不当表示として問題になっている。

よって、2011年に景品表示法ガイドラインが「インターネット消費者取引に係る広告表示に関する景品表示法上の問題点または留意事項」を公表している。

一方アメリカにおいては、商品またはサービスの推奨者と、マーケッター、広告主との間に重要性があること、金銭授受の有無などを開示する義務を新設している。ヨーロッパにおいては、ステルスマーケティングは違法として規定されている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る