スクリーンキャスト

読み方、または別称:すくりーんきゃすと

スクリーンキャスト(screencast)とは、録画ツールを使ってコンピュータスクリーンを録画したもので、音声を使う場合もある。ユーザ内のパソコン画面の動画で、ソフトウェア機能のデモンストレーションやプレゼンテーション、ユーザによるソフトウェアのバグを報告するなどの用途がある。

ちなみに、ユーザのパソコン画面の写真をスクリーンショットと呼ぶ。スクリーンショットは、実行中のソフトウェアにより得られた画像を指すことが多いが、画面をカメラなどで撮影したり、コンピュータから出力されたビデオ信号を何らかの外部記録装置を用いて記録したものなども含まれる。

ほど同義語とされるのが、スクリーンダンプとスクリーンキャプチャである。前者はXWDなどによって一時的に取得された内部的データのことで、後者は画面の変化を動画として記録したデータのことである。スクリーンショットの撮影方法は、Macintosh、Windowsそれぞれ異なり、Mac OS Xの場合コマンドキー、Shiftキー、3のキーを同時に押すことで撮影できる。一方Windowsは、PrintScreenキーを押すことで、画面全体を撮影することができる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る