スクリプト言語

読み方、または別称:すくりぷとげんご

スクリプト言語(scripting language)とは、簡易的なプログラミング言語である。主に、アプリケーションソフトウェアの動作内容を、台本、すなわち「script」のように記述し、制御することを目的とする。また、これらのような意味から転じて、比較的単純なプログラムを記述することを目的とした、簡易なプログラミング言語全般のことも指して、スクリプト言語と呼ぶ。

他にも、厳密な定義や区別があるわけではないが、変数に型をつけないなど動的型付け言語のことを同様の名称で呼ぶとする定義も存在する。このように、アプリケーションソフトウェアの動作内容を台本のように記述するプログラミング言語の例としては、UNIXのシェルに対するシェルスクリプト、Emacsに対するLISP、Webブラウザなどに対するJavaScript、などが挙げられる。

また、比較的単純なプロフラムを記述することを目的としたプログラミング言語の例としては、PerlやPHPが挙げられる。インタプリタ方式を採用しているものも多いが、近年では、JavaScriptやLuaなど、JITコンパイラを処理系に搭載しているものも増えてきている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る