スクリプト

読み方、または別称:すくりぷと

スクリプトとは、正しくはスクリプト言語(scripting language)といい、簡易式プログラミング言語のことである。アプリケーションソフトウェアの動作内容を台本(script)のように記述、制御する。

スクリプトにはさまざまな種類があり、祖先としてIBMのJob Control Language(JCL)がある。UNIXのシェルやMS-DOSのCOMMAND.COMが処理系として使われている。他にも、AppleScriptなど英語のようなコマンドでスクリプトが書けるものもある。また、Mac OS Xでは、アプリケーション全体を構築することも可能である。

その他では、「GUIスクリプト」や「Webブラウザ」「Webサーバ」など多くの種類があり、GUIスクリプトが出たことでコンピュータを制御する特殊なスクリプト言語なども生まれた。

このシステムはウィンドウやメニューなどの生成の際、やり取りする言語で、人の手が行うことをシミュレーションすることができる。Webブラウザは、ウェブページを表示するのに必要なアプリケーションで、さまざまな組み合わせを利用した技法が採用され、Ajaxと名前もつけられている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る