シームレス連携

読み方、または別称:しーむれすれんけい、シームレス化

シームレス(seamless)とは、継ぎ目のないという意味で、複数のサービスを連携させ、サービス間を意識させることなく、ひとつのサービスのように提供することをシームレス連携という。
同じ企業内、あるいは異なる企業が提供しているサービスやソリューションを連携させるなど、さまざまな場面においてシームレス連携が広まっている。
ひとつの端末で携帯電話の通信とWi-Fiの通信を自動的に切り替えることもシームレスの一つの例である。また、アプリケーションソフトの操作体系を統一することなどもシームレス連携に含めて考える場合もある。
ユーザーとしては、それぞれのサービスによる操作性などの違いを意識することなく、複数のサービスを効率的に利用できるようになるため、利便性が高くなる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る