シーザー暗号

読み方、または別称:しーざーあんごう

シーザー暗号(シーザーあんごう)とは、平文の各文字を辞書順に3文字のみシフトし、暗号文をつくる暗号のことである。単一換字式暗号の一種で、カエサル暗号とも呼ばれている。文字のシフトの数は固定されているが、3以外にもシフト数を3以外にした方式も存在し、またそれらをシーザー暗号と呼ぶ。

ヴィジュネル暗号などの部品として使われることが多く、シフト数を13にした方式で、ROT13が使われることもある。名称は、古代ローマの軍事的指導者ガイウス・ユリウス・カサエルが初めて使ったことでつけられた。英語読みで、ガイウス・ユリウス・カサエルを"シーザー"と呼ぶ。

単純な暗号ではあるが、現代の暗号でも重要とされる規則および鍵の2つの要素が既に含まれている。その規則とは、特定の文字を辞書順に特定の数だけ後ろもしくは前にある文字と置き換える手順で、鍵は辞書順にずらす数値のことを意味する。

例えば、カエサルが実際に用いたシーザー暗号の場合、3が鍵となる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る