シャットダウン

読み方、または別称:しゃっとだうん

シャットダウン(shutdown)とは、計算機を停止する意味である。原子炉や経済などでも用いることがある。また日本語では、「遮断」という言葉がある。これは、電源を遮断する意味の他に、「shut-down」と「しゃだん」で音が似ているという意味でつけられた当て字になる。

シャットダウンはUNIXおよびWindowsで用いられ、コマンドでよく使う実行例として、システムをすぐに停止する「shutdown -h now」や、再起動のための「shutdown -r now」がある。他にも、シャットダウンまでの時間を指定するものもある。例えば、shutdown -r 60の場合、コマンドを発行してから60秒後に計算機を起動することになる。

またこれらの実行例は、BSDの子孫として用いられているものでもある。それに似たコマンド体系のシステム用も同じである。System V系UNIX、Windowsと各々違った引数をとり、同じ種類のオペレーティングシステムでもコマンドの引数や意味は微妙に異なる。

一般的に、スーパーユーザー(通常root)にならないとシステムをシャットダウンできない。そういったことから、非特権ユーザーが意図しないシステムをシャットダウンした場合でも、サーバーに障害を与えることを防ぐことができる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る