シェアードアドレス

読み方、または別称:しぇあーどあどれす、Shared Address、IPS Shared Address

「IPアドレス枯渇問題」の対策としてIPv4からIPv6へ移行が進められているが、この対応が遅れている中、IPv4を延命する方法として考え出されたキャリアグレードNAT(CGN)で使われるアドレスである。
CGNは、インターネットサービスプロバイダー(ISP)がプロバイダ網内で構築されるNAT「キャリアグレードNAT」で、一つのグローバルアドレスを複数のユーザーで共用することになるが、このときユーザーに割り当てるために使うアドレスをシェアードアドレス(Shared Address)と呼ぶ。
シェアードアドレスに関する仕様は、2012年4月にRFC6598として発行され、シェアードアドレス用としてARIN(American Registry for Internet Numbers)から100.64.0.0/10が割り当てられた。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る