サーバント

読み方、または別称:さーばんと

サーバント(servent)とは、ネットワーク・ノードが対等なコンピュータネットワークでサーバとクライアントを兼ねるシステムのことで、ネットワーク・ノードを指す場合と、アプリケーション・ソフトウェアを指す場合がある。

ネットワーク・ノードには、ピュアP2Pなどが挙げられる。サーバ(server)とクライアント(client)のかばん語で、使用人や召使いを意味するサーバント(servant)と同じ発音になる。時に、サーベントとも言う。代表的なソフトウェアは、Gnutella(グヌーテラ、ニューテラ)。

このソフトウェアは、P2Pプロトコルおよびファイル共有クライアントである。サーバに依存しないという特徴を持ち、純粋にピア間の通信のみでファイルの送受信や機能を実現している。このようなピア間の通信のみによって機能するものをピュアP2P、ナップスターなどサーバの仲介を必要とするものをハイブリッドP2Pと呼ぶ。

その他にも、KaZaAやSkypeなどに使われているスーパーノード型ハイブリッドP2Pなどもある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る