サイバー犯罪

読み方、または別称:さいばーはんざい

サイバー犯罪(サイバーはんざい)とは、コンピュータネットワーク上の犯罪のことである。近年、サイバー犯罪が増えており、規模も拡大化している。基本的にネットワーク上の不法取引や著作権侵害、法律に違反するデータの公開などになるが、他にも匿名掲示板からのトラブル(信用毀損や業務妨害など)も含まれる。

またコンピュータが発達することで、サイバー犯罪の手口も巧妙になり、複雑化・高度化してきている。日本におけるサイバー犯罪の対策は、警察庁では情報システム安全対策指針を1997年9月18日に制定している。

1999年11月22日には一部改正し、翌年の2月に警察庁情報セキリュティ政策大系を制定している。さらには、2004年8月に警察庁情報セキリュティ政策大系-2004も策定。さらには、毎年総合セキリュティ対策会議を開催している。

警察庁以外でも、さまざまなところでサイバー犯罪の対策が行われ、安全性を向上させている。また参考資料として、警察庁は「出会い系サイトのワナ」「インターネットの安全・安心ガイド」「サイバー犯罪防止対策で、あんしんネットライフ」などを出している。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る