サイバークリーンセンター

読み方、または別称:さいばーくりーんせんたー

サイバークリーンセンター(Cyber Clean Center)とは、不正ポット対策の事業のことである。略称はCCC。2006年12月12日、不正なボットの解析、防止活動を行うサイバークリーンセンターを設置し、総務省と経済産業省の連携プロジェクトとして始動、運営は日本の総務省と経済産業省の共同で行われていたが、その後、2011年3月に活動は終了した。

不正ポットとは、第三者がインターネットを介し、悪意を持ってコンピュータを外部から遠隔操作することを目的としたプログラムのことである。サイバークリーンセンターの主な取り組みは、ボット収集システムの運用、ボットのプログラムの調査、解析、ボット感染予防策の強化、及び再発防止などである。

「ボット収集システム」とは、ボット本体を収集するもので、ボット感染ユーザーへの注意喚起や、ボット対策情報の提供を、インターネットを介して行ったり、ボット等のウイルスの最新の動向の調査を行ったりするものである。

調査や解析は、ボット収集システムによって得られたボットプログラムに対して行い、「CCCクリーナ」などといった駆除ツールを、駆除ツール開発事業者のトレンドマイクロ株式会社と連携して開発した。この「CCCクリーナ」は、サイバークリーンセンター公式サイトで提供されていた。

サイバークリーンセンターのWebサイトは、活動が終了した後は、ボットの駆除やセキュリティ対策の方法、手順などといった情報を提供しているものとなっている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る