コーディング

読み方、または別称:こーでぃんぐ

コーディング(coding)の元来の意味は符号化というようなものであるが、プログラミング言語を使ってソースファイルを作成することもコーディングであり、同じプログラムを書いても、コーディングをする人により、コーディングも微妙に変化する。

また、プログラミングをしないHTMLを書くウェブデザイナをコーダー(コーディングをする人)と呼ぶ場合もある。

プログラミング(Programming)とは、コンピュータ プログラムを作成して、コンピュータに指示を与えることであるが、プログラミングにはプログラミング言語が使用され、その処理をコーディングという。

なお、コーディングの類義語にはスクリプティングがあるが、プログラミングを行う人を、プログラマと言い、コーダーとは呼ばない。

また、複雑なプログラムを作成する場合は、一度のコーディングだけではプログラムが考えていた通りに作動することはないが、これはプログラムの入力ミスや、プログラムの論理的な誤りになどによるバグ(bug)である。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る