コンパイラ最適化

読み方、または別称:こんぱいらさいてきか

コンパイラ最適化(こんぱいらさいてきか)とは、実行ファイルを効率化し、実行時間やメモリの使用量などを最小化するようコンパイラの出力を調整する処理のことである。もっとも一般的な要求は、プログラムの実行時間を最小化し、次に使用するメモリ容量を最小化することである。

携帯できるコンピュータが増えたことで、消費電力を最小化する最適かも誕生している。最適化は、プログラミング言語に近い中間語に対して行う高水準最適化と、機械語に近い中間語に対し適用される低水準最適化に分けられる。その技法は、「スコープ」で分類でき、スコープは文単位からプログラム全体までさまざまある。

一般にはスコープの狭い技法が広いものより実装しやすいが、効果は小さくなる。主なスコープとして、"のぞき穴最適化""ループ最適化""局所最適化、プロシージャ最適化""プロシージャ間最適化、プログラム全体の最適化""プログラミング言語非依存とプログラミング言語依存""マシン非依存とマシン依存"がある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る