クラウドソーシング

読み方、または別称:くらうどそーしんぐ

クラウドソーシング(crowd sourcing)とは、製品やサービスなどの開発プロジェクトにおいて、不特定多数の人に業務を委託するという新しい雇用形態。ウェブサービスのトレンドの1つでもある。

クラウドソーシングとは、群衆(crowd)と業務委託(sourcing)を組み合わせた造語で、アメリカなどでは、クラウドソーシングのサービスやビジネスが数多く立ち上がっている。

社外に開発を委託するアウトソーシングの場合、開発作業は専門の開発者が行うのに対し、クラウドソーシングでは開発作業を専門の仕事としていない一般の群集(クラウド)が協力して開発を行うのが特徴。

なお、一般にクラウドソーシングという言葉を使った場合、開発の対象とするものはソフトウェアだけに限定されず、工業製品のアイデアやWeb上のコンテンツなどさまざまなものが対象として含まれる。

クラウドソーシングにおいては、インターネットを介して全世界から広く人材が集められ、参加者は余暇を利用して作業を行う人が多く、作業やコミュニケーションもインターネットを介して行われて、成功報酬を支払うというビジネスモデルも考案されている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る