クォーラムディスク

読み方、または別称:くぉーらむでぃすく、Quorum Disk

クラスタ構成されたサーバを使用するシステムで、ノード(複数あるサーバ)それぞれの状態(クラスタレジストリ)を共有ディスク上に保持管理するための管理用ディスクのことである。システムの可用性を向上させるために使われる。
クォーラムディスクは、共有ディスクの一部を使用するか、共有するデータディスクとは別にクォーラムディスク用のディスクを準備する。
クォーラムディスクには、クラスタシステムに障害が発生したとき、クラスタを回復するために必要な構成データ(メタデータ)を保持し、各ノードに適用されたすべての変更の詳細が含まれる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る