オープンソースソフトウェア

読み方、または別称:おーぷんそーすそふとうぇあ

オープンソースソフトウェアとは、その名の通りソースコードを公開していることである。原型となった概念が、フリーソフトウェアがある。フリーソフトウェアには、オープンソースでないものもあり、オープンソースとは共通の部分もあるが、異なる集合定義となる。

よって、ソフトウェアライセンスとしてはオープンソースなソフトウェアはフリーソフトウェアの一部に見え、フリーソフトウェアの代表格となるGPLは、OSDを満たしている。また、OSIはオープンソースとは社会をフリーソフトウェアに向かって導くためのやり方と説明し、フリーソフトウェア財団は、オープンソースは自由の思想を含んでいないとして、フリーソフトウェアとは決定的に違うという意見もある。

OSIがOSD準拠と認定しているライセンスで、主なものは「無保証である」「著作権表示を保持」「同一ライセンスの適用」「原著作者の特別権利」が挙げられる。これらは、一定条件の下でソフトウェアの使用・複製・改変・再頒布を認めており、「無保証」「著作権表示の保持」はほぼ共通している。それ以下は、採用しているライセンスとそうでないライセンスがある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る