オーバーヘッド

読み方、または別称:おーばーへっど

オーバーヘッド(overhead)とは、「頭上」「頭上の」という意味だが、「間接費」あるいは「諸経費を含んだ」という意味も持つ英単語である。コンピュータ業界では、「ある処理を行うために間接的にかかってしまうコスト」として用いられることが多く、このコストは、主に処理時間を指す。

例えば、Aという処理を単純に行った場合、10秒かかったとする。しかし、安全性を考え付加的にBという処理を追加することで、処理時間が15秒になったとしたら、この場合のオーバーヘッドは5秒ということになる。

また、この処理Bを改良し、B'にした結果、処理時間が12秒になった場合、"オーバーヘッドが3秒短縮された"ということになる。この時、処理B'は処理Bよりオーバーヘッドが小さく、処理Bは処理B'よりオーバーヘッドが大きいという言い方をする場合もある。

ここから転じて、"余計な時間""余計にしなければならない作業"といった意味合いで用いられることがある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る