エンコード

読み方、または別称:えんこーど

エンコードとは、アナログ信号やデジタルデータをある規則によって、他形式へ変換することで、符号化ともいう。エンコードを行う装置やソフトウェアを「エンコーダ」といい、エンコードされたデータを元の状態に戻すことを「デコード」という。

エンコードとデコードの方式が異なるとファイルが開かなくなるなどのトラブルを起こすが、Webページや電子メールの文字化けもエンコードの方式とデコードの方式の問題である。電子メールは送信するときにエンコードされるが、受信した電子メールのデコードの方式が、エンコードの方式と異なると文字化けが起こる。

音声データや動画データは、データ容量が非常に大きいため、コーデックというデータを圧縮・伸張するソフトウェアを使用して、視聴がしやすい容量にまでデータを圧縮するが、これもエンコードという。例えば音楽CDから曲を取り込んでそれをMP3プレーヤーに転送する場合は、WAV形式からMP3形式へのエンコードが行われる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る