エンコーディング

読み方、または別称:えんこーでぃんぐ

エンコーディング(encoding)とは、情報をある規則によって置き換えて記録したり、ある形式のデータを別の形式のデータに変換することである。

コンピュータにおいては、音声や動画などをコンピュータで扱うことができるようにするためのコーデックを用いて圧縮することや、データの容量を小さくするための圧縮、メール等を安全に送受信できるようにするための暗号化、文字をバイト列で表す方法といった方法もエンコーディングであり、エンコーディングを行う機器や回路、プログラムのことを「エンコーダ」(encoder)という。逆にエンコーディング後のデータを、元の情報やデータに戻すことを「デコード」(decode)という。

また、上記のこと以外に、プログラミングにおいても、文字とその文字に対応する整数値で、整数値から文字へと変換することを文字エンコーディングという。文字エンコーディングは複数の種類があり、日本語でよく使われるエンコーディングには、Shift_JISや、ISO-2022-JP、EUC-JP、UTF-8、UTF-16といったもので、それぞれ文字と整数値の組み合わせが異なる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る