エクスプロイト

読み方、または別称:えくすぷろいと

エクスプロイト(exploit)とは、スクリプト、あるいはプログラムの1つで、コンピュータ関連においてソフトウェアやハードウェアの脆弱性を利用し、悪意を持った行為のために書かれたものである。もしくは、全く逆の目的、すなわち脆弱性の存在を検証することを目的とした実証コードのことを指したり、実際にスクリプトやプログラムを用い、脆弱性を攻撃するという意味で使われることもある。

そのため、これらを区別するために、スクリプトやプログラムをエクスプロイトコード(exploit code)と呼ぶ場合もある。エクスプロイトは、基本的には単体で自己増殖機能を持つものを意味することはないため、狭義にはコンピュータウイルスではない。

ただし、そのコードの性質上、アンチウィルスソフトウェアによってマルウェアに分類されることも多く、コンピューターに害を及ぼすプログラムの一種として扱われることもあるため、広義のウイルスとして意味されることもある。

また、エクスプロイトはその攻撃の種類から、対象のサービスを妨害する「DoS攻撃」と、対象のソフトウェア実行権限の範囲で何でも実行する「権限昇格攻撃」とに分類することができる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る