エクスプレスカード

読み方、または別称:えくすぷれすかーど

エクスプレスカード(Express Card)とは、IBM、インテル、テキサス・インスツルメンツ、デル、ヒューレット・パッカード、マイクロソフト、レキサー・メディア、SCM Microsystemsなどにより、PCMCIAで2003年(平成15年)に策定された、ノートパソコン用の小型カード型インタフェースと、その拡張カードのことである。

ただし、エクスプレスカードは従来のPCカードの後継として開発され、PCI Expressバスをベースにして設計、規格化されているが、PCカードとの互換性はない。接続インタフェースにはPCI Express x1とUSB2.0が使用されているが、サイズは幅が34mm (ExpressCard/34)、または54mm (ExpressCard/54) と2のタイプがあり、どちらも長さは75mm、厚みは5mmとなっている。

なお、最近では、各メーカーのノートパソコンが、こぞってエクスプレスカードに対応するチップセットを採用しており、2011年(平成23年)現在ではすべてのノートパソコンが対応している。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る