ウェブデザイナー

ウェブデザイナー(web designer)とは、インターネット上のウェブサイトのデザインを行うデザイナーのことを指す。一般的にビジュアル要素の設計を担当するが、近年では画像素材の制作からCSコーディングまで、幅広い作業を行うようになっている。

よく似た呼び方にウェブクリエイターがあるが、デザイナーとは微妙に異なる。2007年より、国家資格としてウェブデザイン技能士がある。ウェブデザイナーで求められる知識は、HTML・XHTML・CSS・配色(色彩心理学)・レイアウト(人間工学)など。

今日のウェブデザイナーは、前途の知識だけでなく、プログラミングやCMS、Webオーサリングツール、Flashムービー作成、写真編集ソフトウェア、データ転送などのソフトウェアを使えることも重要となる。しかし、特定のソフトウェアは常に変化しているため、必ずしも特定企業・特定開発者の製品を習得することが望ましいわけではない。

最低限、必須となる知識に沿ったマークアップ言語に準拠したソフトウェアを使いこなすことが重要となる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る