インヘリタンス

インヘリタンスとは、「継承」のことを指す。オブジェクト指向を構成する概念のひとつで、あるオブジェクトが他のオブジェクトの特性を引き継ぐ場合、それらの間に“継承関係”があると言われる。主に、クラスベースのオブジェクト指向言語になる。

既存のクラス機能や構造を共有する新たなクラスを派生することが可能で、このことを「親クラスを継承した」という。一般的に、BがAを継承する場合、B is a A.(BはAの一種である)という意味の関係性が成り立つため、意味的に無関係となるクラス間には継承関係を持たせることは適切ではない場合が多い。

また、プロトタイプベースのオブジェクト指向言語のように「クラス」という概念を持たない場合であっても、「継承」と呼ぶ。複数のクラスから継承することを「多重継承」、そのバリエーションに「仮想継承」がある。仮想継承は、同一クラスから継承している複数の派生クラスを多重継承として1つのクラスを作る場合に、始めの基底クラスの存在をどうするかによって仮想継承と多重継承の2つに分けられる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

ページトップへ戻る