インフルエンサーマーケティング

読み方、または別称:いんふるえんさーまーけてぃんぐ、influencer marketing

インフルエンサーマーケティングとは、マーケティング手法の一つで、他人や社会に影響力の強い人物(=インフルエンサー)を通じて、主にオンライン上で企業のブランドや商品、サービスの訴求を行い、認知度や興味、関心を喚起していくこと。

媒体は、Twitterや、Facebook、Instagram、YouTubeといったソーシャルメディアで行われるのが特徴で、企業はインフルエンサーに対して報酬を支払い、インフルエンサーは、宣伝したい商品やサービスを実際に利用する様子を、画像やテキスト、動画などで投稿する。

インフルエンサーは、ソーシャルメディアで多くのファンを持っており、彼らの拡散力をもって投稿を広く拡散し、口コミ効果を狙うものだ。

インフルエンサーマーケティングの市場規模は、国内の市場規模が2018年に219億円と推定され、2023年には500億円を突破すると見られる。

インフルエンサーは、大きく2つのグループに分かれ、10万人以上のフォロワーを持つ人を「メガインフルエンサー」と、数千人から10万人未満の人を「マイクロインフルエンサー」と呼ぶことがある。一般的に、メガインフルエンサーは認知度を高めることに効果が期待され、マイクロインフルエンサーは、フォロワー数はそれほど多くなくても、特定のコミュニティで強い影響力を持つため、ユーザーの興味・関心、嗜好に応じた、特定の分野に特化した商品やサービスのPRに向いているとされる。

インフルエンサーマーケティングが注目される背景には、ユーザーの購買行動の変化がある。購買前にネットで情報収集を行うユーザーが増え、その多くが企業の宣伝、広告よりも、友人や家族と言った身近な人物の「口コミ」を重視し、あるいは、ソーシャルメディアをはじめ、ネット上に投稿されたレビューなどを参考にする傾向がある。

こうした傾向を踏まえ、企業が商品やサービスに興味、関心を持つターゲットユーザーに対し、効果的にアプローチ可能な手法としてインフルエンサーマーケティングが注目されているのだ。

インフルエンサーによる、通常のソーシャルメディアへの投稿と変わらないトーンで、さりげなく企業の商品やサービスのPRを行うことができるため、ユーザーにとっては違和感なく広告に接することができるメリットがあるが、いわゆる「やらせ」「サクラ」といったステルスマーケティングと明確に区別される必要がある。

ステルスマーケティングは、企業等がその身分や立場を隠し、消費者にそれと気づかれないように広告を行うこと。その意味で、インフルエンサーマーケティングは、企業によるタイアップであることを明記することや、ユーザーとの長期的な信頼を築くよう運用するなど、広告の透明性や信頼性に十分配慮することが必要だ。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る