インターネット大学

インターネット大学とは、インターネットを活用して授業をおこなう大学のことであるが、法的な名称でなく、いわゆる俗称であるが、通信課程でインターネットを活用して授業をおこなっている大学をさす場合と、通学課程で通常の授業を補完するためにインターネットを活用して授業をおこなっている大学をさす場合がある。

すなわち、インターネット大学ではインターネットを活用することであり、動画や音声を配信して講義を視聴したり、各種プログラムを演習させるe-ラーニングによる授業がおこなわれている。

インターネット授業はその講義にテキストを用いるが、インターネットを活用した授業が主であるため、通信課程での印刷授業やテキスト授業とは異なる。

インターネット授業は、法令上ではメディアを利用しておこなう授業 すなわちメディア授業になり、通信課程での面接授業と同等のものであることが卒業の要件とされている。つまり、面接授業の教室に実際には出席しなくとも、卒業の要件である修得すべき単位数をインターネット授業で修得すれば卒業することができる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る