インターネットビジネス

インターネットビジネスとは、インターネットを使ったビジネスモデルのことで、ネットビジネスと略される。インターネットビジネスは、いくつかの種類に分けられる。1つは、「コンテンツ型ビジネス」。コンテンツを提供し、多くのアクセスを集めることを目的としたビジネスモデルである。

ただ、接続料金が定額制でなかった時期、ユーザーを惹きつけるために作られたので、定額制が導入されると、主役の座を降りることとなった。もう1つは、ポータルモデルである。インターネットが普及したことで、多くのアクセスを集めることが可能となった。

その典型的なスタイルが、「ポータルサイト」である。ユーザーがWWWにアクセスする際、最初にポータルサイトにアクセスする。そうすることで大量のアクセスを集めることができ、巨額の広告収入に繋がった。代表的な例としては、Yahoo!やGoogle、サーチエンジンなど。

これら以外にも、「電子商取引」や「ポイントサイト」などもある。前者は、インターネットを使うことで双方向にコミュニケーションがとれることを利用し、メールマガジンで消費者や取引先企業に広告やウェブサイトに誘導する。

後者は、近年多いサービス形態の1つである。サイト内に掲載されているスポンサーサイトを利用し、ポイント稼いで溜まったポイントを現金や商品券に変えるというものである。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る