アドレスバー

アドレスバー(address bar)とは、現在、もしくはこれから閲覧するURL、ウェブページのアドレス、ローカルなファイルのパス名など、ブラウザが表示中、もしくはこれから表示するアイテムのアドレスを表示している箇所のこと。

GUI(グラフィカルユーザインタフェース)ベースのウェブブラウザで使われる、インタフェース部品であるウィジェットのひとつである。他に、ロケーションバー (location bar)、URLバー (URL bar)とも呼ばれる。アドレスバーを見ることで確認ができるのは、表示しているWebページのURLの他に、同じドメインを持った階層の位置も知ることが可能である。

また、他人のそのWebページを知らせる際には、アドレスバーのURLをコピーすることで、URLの伝え間違いを防ぐことができる。アドレスバーの他の機能としては、テキストボックスに直接入力することでURLを指定したり、またはそれまでに閲覧したことがあるWebページのURLを表示したりして、そのWebページへジャンプすることなどが挙げられる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る