アドイン

アドイン(add-in)とは、アプリケーションソフトウェアの機能を拡張するために追加する、プログラムの一種である。他に、アドオン(add-on)、プラグイン(plig-in)、ツールバー(tool-bar)、拡張機能などとも呼ばれる。また、Webブラウザに搭載されている「プラグイン」(plug-in)も、アドインの一種である。

アドインは、ほとんどの場合において、ソフトウェアメーカーや、インターネットサービス事業者などが提供している。アドインを追加するために必要なことは、アプリケーション本体が、アドインの導入を前提とした設計がなされていることである。

アドインソフトウェアを使用することによって、例えば、Webブラウザ上で、JavaプログラムやFlashアプリケーションを利用するためのプラグインソフトウェアのように、既存のアプリケーションでは利用できない形式のファイルを利用したり、更に未搭載の機能を追加したりといったことが、可能となる。

具体的な実現方法は、通常のコンピュータ上で動作するプログラムの構成が、中心となるプログラムコードがサブルーチンを呼び出して処理を行うものであるが、この処理内容が異なるアプリケーションコードの作成を行う場合に、サブルーチンを入れ替えることによって、これを実現するものとする。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る