かな入力

読み方、または別称:かなにゅうりょく

かな入力(かなにゅうりょく)とは、かな漢字変換を使い、日本語入力システムで文字を入力する際、変換の前段階として読みを入力する方法のひとつである。一部、連想式漢字直接入力を使った日本語入力システムを使う場合もある。

特徴としては、キーを打鍵することで、キーに刻印された文字のうち日本字部分に対するひらがなが入力される。例えば、日本でもっとも普及している"JISボード"。この場合、キーの右側に書かれている文字が入力されることになる。かな入力に対し、ローマ字の綴りを入力する場合は、「ローマ字入力」となる。

キー配列は複数あり、一般的にかな入力と言えばJISキーボードのことを指す。ほかにもさまざまな配列があるが、なかには日本語入力システムと配列の組み合わせによって使えないものもある。

かな入力の長所は、キートップに刻印された文字がそのまま出力されること・パターンの多いローマ字入力用の変則ローマ字綴りを覚えなくて済む・ローマ字を気にせず直接日本語を入力できる、などが挙げられる。

一方短所は、カナ入力ではアルファベットの配列を別途覚える必要がある・ひらがなはアルファベットより数が多い・両手の小指を使うことが多い、などがある。小指を使いすぎて腱鞘炎になる場合もある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る