Darwine

読み方、または別称:だーわいん

Darwineとは、WineライブラリをDarwinとMac OS Xに移植したものである。もともとWin32のソースコードをMacintosh向けにMach-O/PowerPCバイナリにコンパイルできるようにするためのもので、現在ではPowerPC用のMac OS X上で実行できるように、Wineのプログラムローダーとx86エミュレーターのQEMUとの結合を行っている。

しかし、アップルのIntelプラットフォームへの移行で方針を転換。新しいx86 Macintosh上では、Windowsのプログラムを実行でき、Mac専用のプログラムと同様の速度で動作させることができる。バージョン1.0のリリースは、2008年6月17日。SourceForgeの公式サイトで配布された。

しかし、0.9.27以降は更新されていない。独自にビルド・配布されているパッケージに関しては、随時バージョンアップがなされている。ちなみにDarwinとは、アップル社開発のUNIXライクのPOSIX準拠OSである。NEXTSTEPからOPENSTEPに続く流れを汲み、Mach 3.0+FreeBSDをベースとしている。

Mac OS XやiOSの基礎となっている部分でもある。公開は、オープンソースおよびフリーソフトウェアにて。ライセンスは、APSL下で入手・インストール・運用が可能となっている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る