DSU

読み方、または別称:でぃーえすゆー

DSUとは、Digital Service Unitの略称である。DSUは、加入者回線終端装置のことである。デジタル回線に電子端末を接続する装置である。NECなどの電子部品販売業者などからたくさんの種類の製品が出ている。いくつか例をあげれば、NECで作られた光ファイバーに対応した製品 DAT AX uZ150M DSU-GLがある。同製品の特徴として、伝送路インターフェースとしてSTM-1に対応していることやディップスイッチによりSTM-1/OC-3のユーザ網インターフェースの設定の切り替えが可能なこと、構内対向が可能なことなどがあげられる。

もうひとつ例をあげれば高速デジタル専用回線対応のバルク伝送装置uZ512KB LAN-DSU2がある。同製品は、TDM型バルク同期方式を採用していて、伝送遅延時間が短く遅延時間の動きがない。さらに、製品自分自身でバルク位相ズレを検出して、自動的に再同期を取ることなどに特徴がある。

ISDN回線を使うためにはDSUが必ず必要で8台まで最大電話機などを接続できる。以前はNTTからレンタルしなければならなかった。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る