DSSS

読み方、または別称:でぃーえすえすえす

DSSSとは、Direct Sequence Spread Spectrumの略で、スペクトラム拡散の直接拡散方式という、通信の信号を広い帯域に拡散して通信する技術。英語を訳すと直接連鎖スペクトラム拡散となる。

地上には多くの電波が飛び交っており、その電波が多くなると、無線通信は伝送が妨害され、正しくデータを送受信することができなくなる。例えば、電子レンジの側では無線LANの調子が悪くなるといった現象が発生する。それに対して無線LANでは、スペクトラム拡散やOFDMによる二次変調といった技術によって、他の電波からの干渉を軽減している。

「スペクトラム」とは周波数分布を表わす言葉であり、スペクトラム拡散は周波数分布を拡散するという意味で、周波数帯域を広くする伝送技術である。一方、スペクトラムを一定のルールに従って周波数方向へ広げる作業のことを二次変調といい、どちらも周波数を広げることによって、他の機器へ与える影響を減らすことができ、干渉に強く、また傍受されにくい通信が実現できる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る